実際に体を動かすのではなく、ゲームでスポーツをする人がいます。そんな人達に人気なのが、スポーツゲームというゲームジャンルです。スポーツ選手を操作するアクションゲームやシューティングゲームのような要素を持つゲームもあれば、チームのオーナーになって選手を集めたり育てたりするシュミレーション要素があったりRPG的な要素があったりするゲームもあります。

スポーツの種類としては、野球やサッカーの他、テニスやゴルフなどが人気のようです。また、そのゲームの中だけで存在する新しいスポーツをするゲームもあるようです。スポーツゲームの最大の魅力は、自分の代わりに凄いプレーをさせることができることです。自分では、なかなかできないようなスーパーショットやホームランも、ゲームならどんどん打ち出すことができます。

お気に入りの選手を集めたドリームチームを作ることができるのも楽しいでしょう。では、実際に人気のあるのは、どのようなスポーツのどのようなゲームが人気なのでしょうか?インターネットのゲームの人気ランキングのサイトを調べてみました。

「プロ野球チームをつくろう!ONLINE2」「プロ野球ファミスタオンライン」「ドリームベースボール」「プロ野球オーナーズリーグ」などの野球ゲーム、「EASPORTSFIFAONLINE2」「J.LEAGUEプロサッカークラブをつくろう!ONLINE」などのサッカーゲームが人気です。また、ゴルフ・バスケット・釣りなどのゲームも人気が高いです。

2015年に日本で開かれたハッカソンは数十にものぼります。

2016年の開催数はどうでしょうか。

調べると小さいものも含めれば毎月開催されているようです。

ビジネスとしても利用価値の高いイベントなのでおそらく開催する方も多大なメリットを感じているのでしょう。

日常よく見聞きするような大手企業もスポンサーや主催者として関わっています。

ただやはり大きなイベントには予選があったり人気のため定員が埋まるのも早かったりするものもあるので参加したいイベントの情報は常にチェックしておくと良いでしょう。

温泉地にてスマホアプリを開発するという大変興味深いハッカソンが毎年開かれています。

温泉地での本戦では宿泊費等を負担してもらえるというのもあるからか人気はとても高いようです。

本戦は夏ですが2か月前から各地で地方予選が開かれます。

最優秀賞を獲ることができればシリコンバレースペシャルツアーの切符を得ることができるそうな。

厳しい時間制限があるため普通は大変なイベントでしょうがこれなら温泉で癒されながら作業ができて旅行気分まで味わえてしまうかもしれません。

Ruby on RailsというのはRubyというプログラミングのための言語で書かれたオープンソースのWebアプリケーションフレームワークのことを指しRubyでWeb開発をするなら一般的にはこれを使います。

なぜなら開発効率がアップするからです。

その万能性は他と比較しても高いと高評価です。

特に開発に時間制限があるハッカソンなどのイベント向きだと感じますがとある統計ではそれほど多く使われてはいないようです。

その柔軟性の高さゆえに変更が加え続けられるシステムの開発に向いているそうです。

現在ではハッカソン情報サイトも充実してきています。

それだけ多くの人に利用されるようになってきたということでしょう。

発想するところから開発に至るまでの流れが速いので現在の迅速さが求められる風潮に合っているのでしょう。

一方でその分個人の能力がシビアに表れてしまう場でもありそれぞれの持つ力を向上させるチャンスでもあります。

また普通に生活している中で関わらないような人と話し合いができたり主催者に提供された食事をみんなで囲んだりと仕事に役立つ出会いもありながら初心にかえれるようなリフレッシュの場にもなりそうです。

Airbnbはエアビーアンドビーと読みエアビーと略されます。

2008年に創業されアメリカに本社を構えています。

最近話題の民泊などという言葉がありますがこちらは宿泊場所を提供したい人とされたい人が繋がるきっかけとなっています。

インターネットを使って世界中でマッチングが行われているのです。

最近よく聞くシェアリングエコノミーという考え方を広めたのがこの会社だそう。

ハッカソンはこういった次世代のアイディアを発掘し形作ることで革新的な未来が生み出される可能性のあるものなのです。

イベントへの参加が成功への切符となった人がいるようにアイディアと夢に溢れたものなのですね。

フレームワークとは簡単に言ってしまえば枠組みのことでソフトウェア開発の場ではその基礎となる部分を指します。

作りたいものにより開発時間がシビアなイベントのときにはこれらをうまく活用して仕事をスピーディーに行う必要性が出てきます。

こうしたイベントでは開発に至る流れをスピーディーにこなさなくてはならないので、技術的に入り組んだものを作るより今までになかったような新しい着想をシンプルでも良いので形にすることがまず第一となるのでしょう。

よって必要なものを吟味して選抜していけるような柔軟な対応力が求められます。

いわゆるWEBという言葉は文章や画像をインターネット上で公開したり見たりする仕組みを指しますがこれを使って開催されたハッカソンもあります。

今や我々の生活にすっかりなじんだ技術と言えるでしょうがだからこそ余計に両極端にあるようなものとマッチさせてみるなど着想次第でどんなことでもできそうな気がしてしまいます。

イベント参加者の中には使う機能を最小限にするなどして2日間でサービスを完成させたという人もおられました。

不要な作業をそぎ落としてシンプルにしていくことでより明確な目的が見えてくるものなのかもしれません。

名前でもわかりますがサンプルコードとはつまりプログラム実行の命令が書かれたコードの見本です。

このようなコードを見たり上手に利用したりすることで開発手順を簡素にすることができるのはもちろんなのですが、さらに勉強に活用するという人もおられるのだとか。

これらはサイトに集められていたりツールで便利に活用できたりするようになっています。

アプリやソフトウェアの開発系イベントは時間制限もあるのでこういったものを上手に利用することが開発の流れを早めるポイントなのでしょう。

ハッカソンに参加する際に特に重要になってくるのが仲間、つまりチームメイトです。

チームで一丸となって厳しい制限時間に立ち向かうためには素早く作業を行っていくうえ正確さも無視できませんし、また目の肥えた審査員たちをびっくりさせられるようなアイディアマンもチームメイトとしては必要です。

それぞれの得意分野を理解し尊重し合うことができれば与えられた仕事をこなす中で役割分担ができ作業効率のアップにつながるのだとか。

イベントに参加することで仕事にも役立つスキルを磨くことができそうです。

クラウドソーシングの台頭で新しい働き方が生まれました。

このサービスにより依頼を発注する側は費用が安く済み受注する側は自分の裁量に合わせてどこでも仕事ができるようになったのです。

このようなオフィスを必要としないスタイルをリモートワークといい場所に限らずいろいろな面で自由度の高いビジネスモデルです。

世界中と繋がれるインターネットが今や日常に溢れています。

ソフトウェア開発系イベントにもリモート参加するチームがいるほどです。

中には海外からの参加者がいたイベントもあるとか。

文化の違う人たちのアイディアや意見に触れられるというのはめったにない好機でしょうね。

アプリやソフトウェアを開発する催しと聞くとプログラミング能力の高さを競い合うイメージがあるかもしれません。

当然それがないと勝ち残れないものもあるとは思いますが中には全く別の分野から参加者を募っているイベントもあります。

コードを書く速さや正確さ以外の部分でも開発に必要とされるスキルも多いということでしょう。

またテーマによりある専門分野でだけ使うものだったりする場合ならそこの専門的な知識を持つ人がいなければなりません。

自分の得意分野で活躍できるかもしれないという希望が持てるのもこのイベントを魅力的にするひとつの要因なのでしょう。

日本発のプログラミング言語であるRubyはプログラミングをより簡単にできるようにと開発されたそうです。

その分作りたいものへの近道ともなり得るでしょう。

まず第一にプログラミングを楽しむということを念頭に置いているだけあって楽しむために利用する人もおられるようです。

この言語を使ったRubyMotionというアプリ開発のツール群があります。

これをハッカソンの際取り入れたという人もおられて、使ったことのある人のお話によるとメリットもデメリットも同じくらいあるようで好みや慣れで使いやすさはかなり違ってきそうです。

エンジニアの人たちが集結するアプリやソフトウェアの開発系イベントが人気のようですが、またさらにコンピューターを駆使した最新技術を新たな発想で他の分野とつなげることを目的としたイベントも数多く開催されています。

今まで紙であったり人の手であったりに頼っていたような部分をさまざまな技術を使って模索しより便利な形にするという未来への希望が込められた最新の催しです。

どんな仕事でも改善点があるかと思いますが新たなソフトウェアによって解消することができたならあるいはより高度な内容で仕事ができるなら良いことですよね。

思いのままにコンピューターを動かしたいならプログラミング言語という特殊な言葉を使って命令する必要があります。

その言語の種類は200以上にもおよびその中に日本人が開発したものがあります。

それが1993年に誕生したRubyです。

これは少ない手間でプログラム可能にすることでプログラミングの楽しさを実感できるように作られたものだそう。

便利な機能がたくさんある上にフリーソフトウェアでもあるので時間制限のあるハッカソンで使いやすそうですがある統計によるとまだそれほど使われてはいないようです。

ネットでハッカソンの開催カレンダーを検索してみますとイベントがない月がないほどの開催数です。

多い時期には月数十件開かれる場合もありそれらがほぼ週末に集まります。

イベント自体が数日間に及ぶこともあり仕事等でその方が都合の良い人が多いのかもしれませんね。

ただ中には期間も短めで気楽に参加できるものもあり自身の知識や興味、スケジュールに合わせて選ぶこともできます。

人同士の交流も含めたこうしたイベントが増えていけば専門性の高い技術などの共有を可能とするかもしれません。

関連ページ